ふじのくに子ども芸術大学は、文化・芸術の楽しさを教えてくれるワークショップ(体験講座)です。

 

HOME > 2018年 講座申込 > インドネシアの伝統芸能体験~影絵・ガムラン・宮廷舞踊~

2018年 講座申込

インドネシアの伝統芸能体験~影絵・ガムラン・宮廷舞踊~

講座内容

世界無形文化遺産ジャワのアートは、どれもスーパーエレガント!

赤道直下の大国インドネシアの中部ジャワ地方に伝わる3つのステキな芸術を体験します。1つめはユネスコ世界無形文化遺産の影絵人形芝居「ワヤン・クリ」。人形をボール紙で作り実際に影絵芝居をします。2つめは青銅打楽器アンサンブル「ガムラン」。10種類以上の楽器をすべて体験して合奏する超気持ちのいい音空間です。3つめは宮廷に伝わる踊り。とても優雅で、気分はお姫様と王子様!

日時
10月14日(日)10:00~16:30
影絵人形作り10:00~12:30
ガムラン  13:30~14:30
宮廷舞踊  15:00~16:30
主催者
浜松市楽器博物館
場所
アクトシティ浜松研修交流センター
(浜松市中区中央3-9-1)
対象
影絵人形作り 小学1年生~6年生
ガムラン   小学3年生~6年生    
宮廷舞踊   小学3年生~6年生
(低学年は保護者同伴可)
問合せ
053-451-1128
定員
影絵人形作り・ガムラン・宮廷舞踊 各20名
申込期間
7/15(日)~9/15(土)
受講料
各500円
※応募の際は、氏名、学年、住所、電話番号、影絵人形作り・ガムラン・宮廷舞踊のどの講座を受講したいか明記。一人で複数口座の申し込みも可能だが、抽選は部門ごとに行う。メールで申込の方は返信用メールアドレスを必ず記入すること。

受講を申し込む

ローフィット・イブラヒム(Rofit Ibrahim)
インドネシア生まれのダラン(影絵人形遣い)。インドネシア芸術高校・国立芸術大学卒業。フィンランドのアジアフェスティバル等に出演。王宮の楽団でも活動。2005年より日本に住み、「インドネシア伝統芸能団ハナジョス」として、日本全国でワヤンやガムランなどの活動中。日本語ペラペラのお兄さん。

佐々木宏実(ささきひろみ)
大阪生まれ。神戸大学卒業。インドネシア国費留学生としてインドネシア国立芸術大学で学び、大学や王宮、ラジオ局、村での結婚式などで演奏活動。2002年よりローフィット・イブラヒムさんと「インドネシア伝統芸能団ハナジョス」を組み、日本全国でワヤンやガムランの活動をしている元気いっぱいのママ。

西岡 美緒(にしおかみお)
神戸大学卒業。2003年松下国際財団アジアスカラシップ奨学生、2008年インドネシア国費留学生として、インドネシア国立芸術大学で学ぶ。舞踊学校のメンバーとして、王宮や芸能フェスティバルなどに出演。日本では舞踊サークルやグループで教えている、とっても素敵なお姉さん。

ページトップへ戻る

ふじのくに子ども芸術大学実行委員会
〒420-8601 静岡県静岡市葵区追手町9-6 静岡県文化政策課内
TEL.054-221-3340 FAX.054-221-2827
E-mail:arts@pref.shizuoka.lg.jp

  • GRANSHIP
  • 静岡県立美術館
  • SPAC

静岡県の文化施設では、親子が一緒に楽しめるワークショップや公演を実施しています。