ふじのくに子ども芸術大学は、文化・芸術の楽しさを教えてくれるワークショップ(体験講座)です。

 

HOME > 2016年 講座申込 > 手漉き和紙とアートを体験

  2016年 講座申込

手漉き和紙とアートを体験

講座内容

SLが見える和紙工房で楽しい体験

(1)原料の楮(こうぞ)の白皮をたたいて繊維(せんい)をとり出す体験
(2)手すき和紙体験
(3)湿紙(しっし)アート体験(乾燥前の濡れた和紙で、花、魚、昆虫など立体的な作品作り)
(4)A4サイズの和紙に水彩画を描く体験
4つの体験で和紙の作り方や特徴を学び、水彩画と湿紙アートを組み合わせて、すてきな作品を完成させよう。日常生活の中で和紙がどのように使われているか、展示品など調べてみよう。

日時
第1回 8月2日(火) 9:30~12:30
第2回 8月5日(金) 9:30~12:30
主催者
水彩画&手漉和紙工房
場所
水彩画&手漉和紙工房
(島田市川根町笹間渡18-1 村の市)
対象
小学5年から中学3年まで
問合せ
0547-36-3123
定員
各回10名(抽選)
申込期間
6月10日(金)~7月12日(火)
受講料
300円

本講座の受け付けは終了しました。

画像

羽根田 英世
羽根田 英世 (はねだひでよ)
1946年島田市川根町生まれ。武蔵野美術短期大学卒業、水彩画歴40年。製紙会社を退職後、2005年「水彩画&手漉和紙工房」を開設。水彩画と自ら考案した湿紙アートの制作など、手漉き和紙とアートの融合をテーマに創作を行い、その魅力を紹介する体験型の工房を主宰。現在、県水彩画協会会長。

ページトップへ戻る

ふじのくに子ども芸術大学実行委員会
〒420-8601 静岡県静岡市葵区追手町9-6 静岡県文化政策課内
TEL.054-221-3340 FAX.054-221-2827

  • GRANSHIP
  • 静岡県立美術館
  • SPAC

静岡県の文化施設では、親子が一緒に楽しめるワークショップや公演を企画しています。